本、雑誌、コミックから検索
歴史、心理、教育から検索
歴史文庫から検索
検索結果9516商品 並び順:価格が安い価格が高いオススメ順感想の件数が多い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

いい言葉は、いい人生をつくる/斎藤茂太

いい言葉は、いい人生をつくる/斎藤茂太

■カテゴリ:中古本 ■ジャンル:ビジネス 自己啓発 ■出版社:成美堂出版 ■出版社シリーズ:成美文庫 ■本のサイズ:文庫 ■発売日:2005/01/01 ■カナ:イイコトバワイイジンセイオツクル サイトウシゲタ...

220  詳細と注文へ

万葉集 全訳注 原文付 1/中西進

万葉集 全訳注 原文付 1/中西進

校注:中西進 出版社:講談社 発行年:1978年 シリーズ名等:講談社文庫...

759  詳細と注文へ

眠り猫 日溜り勘兵衛極意帖 (双葉文庫)/藤井邦夫/著(文庫)

眠り猫 日溜り勘兵衛極意帖 (双葉文庫)/藤井邦夫/著(文庫)

根岸の里の小さな家の縁側に、老黒猫を膝に抱き転た寝する老人の姿があった。その男の名は錏勘兵衛、またの名を“眠り猫の勘兵衛”といい、盗賊の頭という裏の顔を持っていた。その勘兵衛のもとに、旗本屋敷の下男が行方知れずになったとの報せが舞い込んだ。その失踪の背後に盗賊“夜烏の重吉”の存在を嗅ぎつけた勘兵衛だ...

681  詳細と注文へ

万葉集 全訳注原文付 別巻/中西進

万葉集 全訳注原文付 別巻/中西進

編:中西進 出版社:講談社 発行年月:1985年12月 シリーズ名等:講談社文庫...

1,166  詳細と注文へ



万葉集 全訳注原文付 2/中西進

万葉集 全訳注原文付 2/中西進

校注:中西進 出版社:講談社 発行年:1985年 シリーズ名等:講談社文庫...

748  詳細と注文へ

万葉集 全訳注 原文付 3/中西進

万葉集 全訳注 原文付 3/中西進

校注:中西進 出版社:講談社 発行年月:1981年12月 シリーズ名等:講談社文庫...

649  詳細と注文へ

万葉集 全訳注 原文付 4/中西進

万葉集 全訳注 原文付 4/中西進

著:中西進 出版社:講談社 発行年月:1983年10月 シリーズ名等:講談社文庫...

704  詳細と注文へ

本多忠勝 / 野中信二

本多忠勝 / 野中信二

著:野中信二 出版社:学陽書房 発行年月:2018年08月 シリーズ名等:人物文庫 の4−7...

858  詳細と注文へ

[本/雑誌]/湯船盗人 (双葉文庫 はー20-11 大富豪同心)/幡大介/著(文庫)

[本/雑誌]/湯船盗人 (双葉文庫 はー20-11 大富豪同心)/幡大介/著(文庫)

深川で放蕩三昧の日々を送る南町奉行所見習い同心八巻卯之吉が、突如同心として目覚める。知り合いの俳諧師が殺害された事件の探索に自ら奔走。事件は大身旗本のお家騒動が絡んでいると判明するのだが、事態は暗転するばかり…。手下の荒海ノ三右衛門や放蕩仲間の梅本源之丞、庄田朔太郎らの協力を得て事件を解明できるのか?―。...

660  詳細と注文へ

甲州隠密旅 (双葉文庫 はー20-12 大富豪同心)/幡大介(文庫)

甲州隠密旅 (双葉文庫 はー20-12 大富豪同心)/幡大介(文庫)

八巻卯之吉の尽力で旗本坂上家の当主となった権七郎だったが、祖母の英照院の不行跡の責任を取る形で甲府勤番を命じられる。権七郎の命を狙う英照院と大悪党の天満屋。それを阻止しようと、隠密廻り同心の役を受け甲州路を行く卯之吉たちを待っていたのは、天満屋が仕掛けた罠だった。シリーズ第十二弾。書き下ろし長編時代小説。...

660  詳細と注文へ

仕掛け蔵 (双葉文庫 ふー16-22 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著(文庫)

仕掛け蔵 (双葉文庫 ふー16-22 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著(文庫)

どんな盗賊も破れない金蔵を作ったと豪語する札差大口屋の主・喜左衛門。その噂を聞きつけた海千山千の老盗賊“弁天の五郎蔵”が大口屋に押し入ったが、駆け付けた役人に取り囲まれ、呆気なく御用となった。盗賊を嘲笑い金蔵を自慢する喜左衛門の様子を耳にした“眠り猫の勘兵衛”は、難攻不落の金蔵に挑むべく密かに行動を開始する。人気書き下ろし時...

682  詳細と注文へ

賞金首 (双葉文庫 ふー16-24 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著(文庫)

賞金首 (双葉文庫 ふー16-24 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著(文庫)

米の値上げ騒ぎで大儲けした米問屋井筒屋。その井筒屋の金蔵を破るべく密かに内偵をはじめた“眠り猫”の勘兵衛は、一人の荷揚げ人足の不審な行動から、他の盗賊の存在を嗅ぎつける。その盗賊を出し抜き、見事金蔵破りに成功した勘兵衛だったが、盗賊“眠り猫”の正体を暴こうとする者が勘兵衛の首に賞金を懸けた!書き下ろし時代小説、大...

682  詳細と注文へ

偽者始末 (双葉文庫 ふー16-27 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著(文庫)

偽者始末 (双葉文庫 ふー16-27 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著(文庫)

盗賊“眠り猫”の名を騙る謎の一団が日本橋室町の呉服屋に現れ、有り金全部を奪って店の主を惨殺した。盗賊“眠り猫”を率いる錏勘兵衛は、己に恨みを持つ者の犯行だと睨み、その正体を暴こうと動き出すが...。闇夜に繰り広げられる偽盗賊との息詰まる攻防。周到な罠を掻い潜り、勘兵衛らは“偽眠り猫”を追い詰めることが出来るのか!?大好評...

682  詳細と注文へ


盗賊狩り (双葉文庫 ふー16-32 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著

盗賊狩り (双葉文庫 ふー16-32 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著

日本橋室町の呉服問屋「吉野屋」に忍び込んだ盗賊唐獅子の市蔵一味が、金を奪って引き上げようとした矢先、火付盗賊改方に包囲され御用となった。火盗改に就任以来、立て続けに盗賊を捕縛する矢崎采女正の手腕に疑念を抱き、その周辺を探り始めた眠り猫の勘兵衛は、難を逃れた唐獅子一味の音吉の隠れ家を突き止めるが...。人気書き下ろしシリーズ第六弾。...

682  詳細と注文へ

贋金作り (双葉文庫 ふー16-34 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著(文庫)

贋金作り (双葉文庫 ふー16-34 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著(文庫)

日本橋の両替商「菱屋」の金蔵に忍び込んだ勘兵衛は、帯封のついた小判二百両を盗み出した。だが、その小判が混ぜ物の多い贋物だと気付いた勘兵衛は、贋金鋳造の背景を探るべく菱屋の周辺を洗いはじめる。一方、菱屋の主・清左衛門は、蔵に残された千社札から贋金を奪ったのが盗賊“眠り猫”だと知り、その正体を暴こうと動...

682  詳細と注文へ

盗賊の首 (双葉文庫 ふー16-35 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著

盗賊の首 (双葉文庫 ふー16-35 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著

盗人稼業から足を洗った“仏の宗平”が火付盗賊改方の矢崎采女正に斬り殺された。かつて宗平らに出し抜かれ面子を潰された矢崎は、宗平の首を小塚原の刑場に晒し、手下を誘き出して一網打尽にしようとしていた。それを知った盗賊“眠り猫”の勘兵衛は、昵懇の間柄であった宗平の首を火盗改の手から奪おうと画策するが...。書き下ろし時代小説、大...

693  詳細と注文へ

冬の螢 (双葉文庫 ふー16-36 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著

冬の螢 (双葉文庫 ふー16-36 日溜り勘兵衛極意帖)/藤井邦夫/著

口入屋の女将おせいが営む恵比寿屋に出入りする浪人榎本平四郎。その平四郎が旗本本田家の周辺を嗅ぎ回っていた。無外流の遣い手でもある平四郎の動きに不信を抱いた眠り猫の勘兵衛は、骨董品好きの当主本田織部に故買屋の吉五郎を近付け、その用心棒に平四郎と己をつけるよう画策する。平四郎が本田家を狙う目的とその真意...

682  詳細と注文へ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ